gsimonさんの記事一覧

<開催中の展覧会>Walk the Line vo.6 —線に生きる作家たち—前期

2021

2021年1月18日(月)-1月23日(土)

第1回~第9回「ドローイングとは何か」展の準大賞および入選者たちの新作を発表します。

【前期】2021.1.18mon-1.23sat
赤木 美奈 (9)/朝日 宣弘 (6, 7)/井上新之介 (3)/小倉 信一 (8, 9)/梶 谷 令 (5, 6, 7, 9)/門谷 京子(9)/河西 紀亮(9)/肥沼 義幸 (9)/工藤沙由美 (8, 9)/近藤平八郎 (1)/櫻 井 健 (9)/多田 吉民 (7, 9)/中村 綾乃 (5, 9)/細木るみ子(2)/森 本 玄 (4, 5)/山田 琢矢 (8)/山村まゆ子 (3, 5, 6)/脇 威志(9) ※カッコ内は第(  )回展出品

<予告>Walk the Line vo.7 —線に生きる作家たち—後期

2021

2021年1月25日(月)-1月30日(土)





第1回~第9回「ドローイングとは何か」展にて準大賞および入選者たちの新作を発表します。

【後期】2021.1.25mon-1.30sat
安藤 ニキ (6 ,7, 8, 9)/安 藤 光 (2)/石井 武志 (7)/江波戸裕太 (7, 9)/大本 幸大 (2)/大家 泰仁 (6)/岡崎 莉望 (6, 7)/小倉 孝夫 (7)/鎌田 りん(9)/近藤智恵(9)/清野 和正 (7, 9)/竹谷 嘉人 (3)/富山恵美子 (4)/TOMOYA (5)/原 透 (3)/板 東 瞳 (7)/フジタユウコ (4, 6)/吉浦 眞琴 (6)  ※カッコ内は第(  )回展出品

冬期休廊

2020

2020年12月29日(火)-2021年1月3日(日)までお休みさせて頂きます。

なお、新年は1月4日(月)14時より開廊いたします。

展覧会は1月5日(火)『GENTEN 現展・新春アートフェア』にてスタートさせていただきます。よろしくお願いします。

<archive>和紙とあかり展

2020

2020年12月21日(月)-12月26日(土)

11:00-19:00(最終日16:00まで)

【出品作家】浅野庚一/奥田直人/坂口喜美子/フジモトアキコ/三木祥子

















立体/

(大)「SUNRISES , SUNSETS no.5-6-7 」16×16×90cm 和紙、アクリルスプレーペイント、LED 定価:各30,000円(税別)(値引5,000円可能)

(小)「SUN RISES, SUNSETS no.4」16×16×49cm 和紙、アクリルスプレーペイント、LED 定価:20,000円(税別)(値引5,000円可能)





平面/

「SUNRISES no.1」60×90cm 綿布、アクリル彩色、木製パネル、LED リモコンスイッチ 定価:500,000円(税別)(値引200,000円可能)(左)灯りが着いている状態 (右)消えている状態





>>>作品を購入する





















「Symp ART hy #20-12-3」和紙、岩塩、ハス、木、ライト 価格:20,000円(税別)

小品(壁面のぼんぼり) 一列:5,000円(税別)





ナチュラル素材の和紙と、浄化効果がある天然のヒマラヤ岩塩ランプの灯りによって心が癒され、温かさや安心感に満たされるような空間を共有できましたら幸いです。(美術家/三木祥子)





>>>作品を購入する





















① 「Life Works 2020 ~咲く~」 宇陀紙、吉野杉・吉野檜の和紙 キウイのツル  50,000円(税別)

(左)ライトが付いている状態 (右)消えている状態









② ① の裏側









③「Life Works 2020 ~花~」 宇陀紙、吉野杉・吉野檜の和紙   18,000円(税別)

(左)ライトが付いている状態 (右)消えている状態









④「Life Works 2020 ~穴~」宇陀紙、吉野杉・吉野檜の和紙  18,000円(税別)

(左)ライトが付いている状態 (右)消えている状態









⑤「Life Works 2020 ~森の中~」宇陀紙、吉野杉・吉野檜の和紙  50,000円(税別)

(左)ライトが付いている状態 (右)消えている状態





>>>作品を購入する





















(左)全体図:13点出品

①「No.3」大  17mm LED 4.3W black  40,000円(税別)

②「No.8」中  12mm 10W 木立ちと菜の花 シースルー  25,000円(税別)

③「No.1」大  17mm LED 4.3W スタンド付  50,000円(税別)

④「No.6」中  17mm 15W かぼちゃ  30,000円(税別)

⑤「No.9」小  12mm 10W 明  18,000円(税別)

⑥「No.5」中  17mm 4.3W スタンド付 blue  30,000円(税別)

⑦(左)「No.2」 大  17mm LED 4.3W スタンド付 white  40,000円(税別)

 (右)「No.7」中  17mm 15W 木立ちと菜の花 シースルー  25,000円(税別)





>>>作品を購入する





















「ハート」 和紙、アクリル板、鏡  非売

<archive>増田昌己 銅版画 展

2020

2021年12月14日(月)ー12月19日(土)

360°パノラマ会場風景









会場風景









①「2019-1」 シート:120,000円(税別)、フレーム:35,000円(税別)

②「2020-1」 シート:120,000円(税別)、フレーム:35,000円(税別)

③「2020-5」 シート:50,000円(税別)、フレーム15,000円(税別)









①「2020-6」 シート:35,000円(税別)、フレーム:13,000円(税別)

②「2020-7」シート:30,000円(税別)、フレーム:13,000円(税別)

③「2020-3」シート:25,000円(税別)、フレーム:15,000円(税別)

④「2020-2」シート:50,000円(税別)、フレーム:15,000円(税別)

⑤「2020-4」シート:50,000円(税別)、フレーム:15,000円(税別)





>>>作品を予約する









①「2020-15」シート:25,000円(税別)、フレーム:8,000円(税別)

②「2020-16」シート:25,000円(税別)、フレーム:8,000円(税別)

③「2020-14」シート:25,000円(税別)、フレーム:8,000円(税別)









④「2020-17」シート:25,000円(税別)、フレーム:10,000円(税別) ●売約済み

⑤「2020-19」シート:15,000円(税別)、フレーム:8,000円(税別)









⑥「2020-20」シート:15,000円(税別)、フレーム:8,000円(税別)

<archive>「書家による抽象表現」展

2020

-16人の書家が現代アートに挑む!-

2021年12月7日(月)-12月12日(土)

360°パノラマ会場風景

【出品作家】

石井抱旦/市川翠峰/井上一光小山移山/坂巻裕一/

杉山勇人/関 紫芳/田中岳舟/ 天  遊 /野間卓克/

羽鳥戴白/濱崎道子/真下京子/松尾昌美/松本淳子/

本山鈴翠

<archive>【画廊企画】長谷川浩子 彫刻 展

2020

2020年11月23日(月)-12月5日(土)日休み

(左)カナタヘ  クス 胡粉  900,000円(税別)

(右)カゼノミチ  ヒノキ 胡粉   450,000円(税別)













(左)ヒカリノヨウニ  クス 胡粉  180,000円(税別)









(左)ソラヘ1  ヒノキ 胡粉  180,000円(税別)

(右)ソラヘ2  クス 胡粉   360,000円(税別)









(左)カナタヘ  クス 銀箔 胡粉   360,000円(税別)

(中)ハート   ヒノキ 金箔 胡粉  30,000円(税別) ●売約済み

(右)ヒカリノコ   ヒノキ 銀箔 プラチナ箔 胡粉  30,000円(税別)●売約済み









(左)オクリモノ  ヒノキ 胡粉 岩絵具   90,000円(税別)









(右)オカエリナサイ  ヒノキ 銀箔 胡粉  60,000円(税別)●売約済み









(左)ソラヘ(小) ヒノキ 胡粉 銀箔  90,000円(税別)

(右)ダッコ  ヒノキ 金箔 胡粉  90,000円(税別)









ホシノヒト  ヒノキ 銀箔 胡粉   180,000円(税別)









モリノヒト   クス 胡粉  90,000円(税別)












>>>作品を予約する

※作品のお渡しは展覧会終了後(2020年12月7日(月)以降)になります。ご了承いただければ幸いです。

















長谷川浩子  HASEGAWA Hiroko

1961 新潟県新発田市に生まれる
1988 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了

【個展】
1987  田村画廊にて初個展(東京・神田)
1991  武蔵野画廊(いわき) 以降~’98
1992  プラザギャラリー(東京・調布)
1997  萌画廊(東京・青山)以降~’99 ’00
2001  ギャラリーいわき(福島以降~’03 ’05
2009  ギャラリーいわき(福島)、ギャルリー志門(東京)、アートワークスギャラリー
2012 「月の光浴びた生き物の形 長谷川浩子展」橘画廊(大阪) 
   ギャラリー あしやシューレ(芦屋/兵庫)
2013  ギャルリー志門(銀座/東京) 、ギャラリーいわき(福島)
2014  MU心斎橋画廊(大阪)
2016  ギャルリー志門(東京)
2017  ギャラリーいわき(福島)
2018  ギャルリ―志門(東京)

【グループ展】
1986 「ヨコハマ展」代々木アートギャラリー
1987 「Sculpture Show」 東京芸術大学展示室
1987 「ENCLOSURE」世田谷美術館
1989 第19回 現代日本美術展 入選
1992 「4人によるリプレイ展」 武蔵野画廊
1994 「新しい世代の芸術展94」北トピア 埼玉
1996 「2人展 安藤栄作・長谷川浩子」 武蔵野画廊 いわき
1998  雪梁舎展にて雪梁舎賞受賞 雪梁舎 新潟
1998 「異なる風土の出会い展」 三島町山びこギャラリー
1998 「ニューアートシーン・イン・いわき 長谷川浩子」 いわき市立美術館
1999  「それぞれの小宇宙」創芸工房 以降 ’00 ’01 ’02
2000 「いわきの美術Ⅴ・境界を越えて」 いわき市立美術館
2001 「安藤栄作 長谷川浩子 彫刻展」矢吹町ふるさとの森芸術村企画展示室
2001 「Drawing Drawing」ギャラリー昨明 いわき 以降 ’05
2001 「田人の森に遊ぶ・アートミーティング」 以降’02
2001 「安藤栄作 長谷川浩子 彫刻展」創芸工房 いわき 以降 ’03 ’05 ’07
2002 「いわきアートさんぽ」 平サロン
2003 「南風の生活文化展」鹿児島
2003 「地球にやさしい美術展」 ビッグアイ
2004 「安藤栄作 長谷川浩子展」 ART SPACE ELICONA いわき 以降 ’08 、ギャラリーESPACE 茨城
2005  第4回アールエポック展 茨城県天心記念五浦美術館 以降 ’08
2006  草野天平 詩碑制作
2008 「長谷川浩子彫刻展」ギャラリーエスパース
「Hiroko Hasegawa Exhibition」ギャラリー&カフェ ブラウロート
   「midori 女性たちの作品展」ギャラリー昨明
   「オーロ遊び展」アートスペース泉 いわき
   「第20回全国生涯学習フェスティバル」ビックパレットふくしま 郡山
   「福島現代美術ビエンナーレ 2008」 福島県文化センター 福島
2009  田人の森に遊ぶ・アートミーティング」
「地球が月になるとき」 ギャルリー志門  銀座
「日仏交流現代美術展」 京成百貨店アートギャラリー
「はじめる視点」 福島県立博物館
「いわきぐるっとコレクション」 いわき市立草の心平記念文学館
2011  二人展 「COSMIC SPIRIT 安藤栄作・長谷川浩子展」 ギャルリー志門
   「いま。つくりたいもの、伝えたいこと。」 いわき市立美術館 いわき市/福島 
「夏が来れば思い出す展」ギャラリー&カフェ ブラウロート 福島
「うちわ展」 ART SPACE ELICONA 福島
「明日へ」 ギャラリーそら 大阪
2012  「おくりもの展」 ART SPACE ERICONA 福島
2013  アートフェアー 「 アートフェアー東京2013」エキジビションスペースAPJ 東京国際フォーラム 丸の内
「女性作家による作品展・hibiki」ギャラリー昨明(カル)いわき市 田人町/福島
「デッサン展」 Art Space Elicona (エリコーナ) いわき市平大町/福島
2014  「デッサン展」アートスペースエリコーナ(1/18-2/8)福島
    「IMAGIN FKUSIMA展」コートギャラリー国立(2/6-11)
    「アリオス現代美術館」いわき文化交流館アリオス(3/13-23)福島
     アート大阪2014  ホテルグランビア大阪 
     二人展「安藤栄作 長谷川浩子展」ギャラリーhase(8/2-8/10)名古屋
     アートミーティング2014田人の森で遊ぶ 福島
     AHAF SEOUL2014 (8/22-8/24)ソウル
     「音の祈り」安藤栄作長谷川浩子二人展 高野山三宝院 高野山大学黎明館
2015  「デッサン展」アートスペースエリコーナ 福島     
2016  「デッサン展」アートスペースエリコーナ 福島 
    アートミーティング2016旅人の森に遊ぶ  福島
2017  「デッサン展」アートスペースエリコーナ(1/28-2/12)
    「神語」ギャラリー芦屋シューレ(3/25-4/23)兵庫
「翼」展 深井隆・長谷川浩子・浅野井華奈 三人展

<archive>青山洋子展

2020

2020年11月16日(月)-11月21日(土)

360パノラマ会場風景

http://www.jpartmuseum.com/jam_live2020/shimon75/









YouTube









会場風景












(左から)
機会 chance 112×162㎝  コットン、アクリリック、他 ¥ 200,000(税別)
機会chance 97× 194 コットン、アクリリック他  ¥ 200,000(税別)
機会 chance 132× 194 コットン、アクリリック他  ¥200,000(税別)
ミニ立方体 機会chance 木、アクリリック他    ¥3,000(税別)

















青山洋子  YOKO AOYAMA  プロフィール

元永定正氏師事

【主な個展】
2016 Galerie subject object /ベルリン 等
2015,2017,2018,2019 GalleryH.O.T /大阪
2012 なびす画廊/東京
2007,2008 CASO /大阪
2001,2004,2006,2008 信濃橋画廊/大阪

【主なグループ展】
2020 ASIYA TIME 収蔵作家展(芦屋市立美術博物館/芦屋)
    CAF.N展(埼玉県立美術館/埼玉)
    第18回NAU21世紀美術連立展(国立新美術館/東京) 
2019  第18回NAU21世紀美術連立展(国立新美術館/東京) 
    A21 ポーランド展(Archdiocese Museum /ポズナン)
2018 日本美術家連盟近畿展(兵庫県立美術館王子分館原田の森/神戸 等)
2017 CAF.N 展 (金沢21世紀美術館/金沢)
2016 A21 (ポーランド展 BwaPila /ピワ、Jesuils Gallery /ポズナン)
    CAF.N 展(埼玉県立美術館/埼玉)
2014 hpgrp(GALLERY /ニューヨーク)
    GALERIE METANOIA /パリ
    日伊展 Fondazione Giuseppe Mazzullo美術館/シチリア
    CAF.N 展(メディアテーク/仙台()
2013 A21 ベルリン展(Künstlerhaus Bethanien /ベルリン)
2012 CAF.N 展(埼玉県立美術館/埼玉)
2011 A21(ブールジュ市選抜展/ブールジュ)
2008 A21(ベルリン市選抜展 Insel Gallery /ベルリン)
2006 A21(ポーランド選抜展)
    Arsenal City Art Gallery /ポズナン
2001 吉原治良賞展(大阪)
2000 現代日本美術展(東京,京都)
1999 現代日本美術展(東京,京都)
    昭和シェル現代美展(東京)
1998 現代日本美術展(東京,京都)
1997 現代日本美術展(東京,京都 東京国立近代美術館賞 買上)
1993 吉原治良賞展/大阪
1992 芦屋美術博物館買上賞
1991 現代日本美術展/東京 , 京都 吉原治良賞展/大阪
1990 芦屋市展/芦屋 1992 芦屋美術博物館買上賞(〜2006) 
1990 日本国際美術展/東京 , 京都
1989 吉原治良賞展/大阪

【受賞歴】
1999 吉原治良賞展大坂(優秀賞)
【パブリックコレクション】
芦屋市立美術博物館/東京国立近代美術館/
台湾中台科技大学 等

日本美術家連盟/国際美術連盟会員






<archive>水野 翠 展

2020

2020年11月9日(月)-11月14日(土)









360°パノラマ会場風景

http://art-museum.main.jp/jam_live2020/shimon74/panorama/









YouTube

https://youtu.be/Jcwkrqibu4E









会場風景

(左)「もう一つの風景」変形120号  キャンバスに油彩

(中)「もう一つの風景」変形120号   キャンバスに油彩

(右)「もう一つの風景」F130号  キャンバスに油彩









「もう一つの風景」M150号+P80号(1455×3243㎜)  キャンバスに油彩









(左)「ひとかけらの」楕円(450×610mm)  キャンバスに油彩  220,000円(税別)

(中)「ひとかけらの」楕円(400×500mm)  キャンバスに油彩  160,000円(税別)

(右)「ひとかけらの」楕円(240×300mm)  キャンバスに油彩  70,000円(税別)

「もう一つの風景」M150 号  キャンバスに油彩









「もう一つの風景」M150 号  キャンバスに油彩









「もう一つの風景」M60号  キャンバスに油彩  600,000円(税別)









「ひとかけらの」楕円(400×500mm)  キャンバスに油彩  160,000円(税別)

「ひとかけらの」楕円(240×330mm)  キャンバスに油彩  70,000円(税別)

















水野翠 Mizuno mdori 略歴

東京生まれ
高校時代 植村鷹千代主催「現代美術研究所」で学ぶ
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻(山口薫教室)卒業
同大学院修了
モダンアート展 大学院卒業の翌年より毎年出品 現在に至る

【個展】
 竹川画廊(銀座)
 櫟画廊(銀座)隔年で計11回
 GALLERY ART POINT(銀座)
 その他(横浜)2回

【グループ展】
 Les liens d’ amitié 友情の絆展(世田谷美術館)7回
 その他多数(東京 神奈川)

【絵本』
 『みつあみみつあみ』『うまさんうまとび』(小峰書店)
 『はなのいろはどこへいくの』(リーブル)
 『あめのむこう』『わらってわにさん』(福音館書店 月刊「こどものとも」)

 モダンアート協会会員
 日本美術家連盟会員

<archive>中村義隆展

2020

— ふたつの地球 -

2020年11月2日(月)-11月7日(土)

会場風景 360°

















会場風景

(左から)
「2016.2.2」 24.5x35.5cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)
「2016.6.7」 50x35cm     アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   150,000円(税別)
「2018.3.5」 29.7x39cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   100,000円(税別)
「2016.3.25」 35.5x24.5cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)
「2020.1.4」 23.1x14.3cm    アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   40,000円(税別) ●売約済み

(左から)
「2019.11.30」 22.7x40.0cm     アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   100,000円(税別)
「2019.8.13」 18.5x34.9cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)
「2017.2.14」 35x50cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   150,000円(税別)
「2020.3.6」 24.4x34.1cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別) ●売約済み
「2017.11.2」  34.8x23.9cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)












(左から)
「2019.5.6」 29.9x19.8cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   60,000円(税別)
「2018.4.20」 35.2x24.5cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)
「2017.4.23 」 40x28cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   100,000円(税別)  
「2018.6.28」 34.9x24.3cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別) ●売約済み












(左から)
「2019.2.25」 35.1x24.2cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)
「2016.11.27」 35.5x24.5cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別) ●売約済み
「2017.9.22 ふたつの地球」(左・青) 29.7x40.1cm、「2017.7.24 ふたつの地球」(右・赤) 29.6x40.0cm アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描 2点一組 200,000円(税別) 
「2019.7.17」 24.3x35.2cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)
「2020.5.24」 30.4x24.6cm  アルシュ紙荒目 アクリル彩色 ペン点描   80,000円(税別)












>>>作品を予約する

※価格は2020年11月現在

















『ふたつの地球』について

(The two earths)

太陽を挟んで地球の軌道の向こう側に、もうひとつの地球があるが決して見ることはできない、という考え方は古代ギリシアの頃からあったらしい。

 当時は宇宙の中心は太陽ではなく中心火といい、中心の反対側にも地球がなければバランスが得られないと考えたそうだ。ただし当時の地球は平面であると考えられ、言ってみれば上皿天秤のようなものだったのか。

 ふたつの地球説はSF小説では格好の題材でありそのひとつの、向こう側の地球にはこちら側の地球と瓜ふたつの友人や自分がいるのだが、よくよく観るとすべてが真逆になっている、というストーリーに魅了される。

 無論現代の科学に於いては荒唐無稽な話だがしかし、心の内にもうひとつの地球を置くことで自分と真逆のもうひとりの自分がいることに癒しを感じ、魂のバランスを得ようとしているからかも知れない。(美術家・中村義隆)

















中村義隆 画歴

1948年 茨城県下館市(現・筑西市)生まれ
1970年度 第Ⅱ期現代思潮社美学校 加納光於銅版画教場修了
1980年 第一回個展(京橋 さくら画廊)
1981年 グループ展「素材をみつめて」展(京橋 さくら画廊)
1982年 第二回個展(ギャラリー檜)
1984年 「鏡の中の二人展」(シロタ画廊) 青木 園と共に
1985年 第24回 ホアン・ミロ 国際ドローイング・デッサンコンクール(スペイン及び地球堂ギャラリー)
1986年 第25回 ホアン・ミロ 国際ドローイング・デッサンコンクール(スペイン及び地球堂ギャラリー)
1987年 第2回 デッサン大賞展(川上画廊等)
1988年 グループ展 「幻視の森の八本の樹」ヨシダ・ヨシエ企画(GALLERY三真堂)
    第2回 リキテックス・ビエンナーレ(東京・大阪・福岡)
1989年 第三回個展(シロタ画廊)
1991年 第3回 リキテックス・ビエンナーレ 奨励賞(大阪・東京・札幌)
    リキテックス・ビエンナーレ歴代受賞作品展(札幌・時計台ギャラリー)
1992年 第18回 日仏現代美術展(パリ・グランパレ美術館 東京都美術館等)
1993年 第4回 リキテックス・ビエンナーレ(東京・大阪・仙台)
1994年 第四回個展(ぎゃらりぃセンターポイント)
1995年 「アートピクニック展」 (六本木 ストライプハウス美術館)
2015年 第五回個展(ギャルリー志門)
2020年 「COVID―19」アーチストの視点(ギャルリー志門企画)
    第六回個展(ギャルリー志門)

<archive>柳川貴司展

2020

2020年10月19日(月)-10月31日(土)日休

ギャラリートーク





















会場風景 連続した形













会場風景 積み重ねられた形













会場風景  連続した形Ⅱ













小品

(左・左側)「連続した形」h150×w350×d130mm  檜  30,000円(税別)●売約済み

(左・右側)「積み重ねられた形」h230×w110×d100mm  檜 30,000円(税別) ●売約済み












(左)「すむところ1」 h80×w150×d120mm  檜  50,000円(税別) ●売約済み

(中)「すむところ2」 h90×w130×d100mm  赤松  50,000円(税別) ●売約済み

(右)「すむところ3」 h80×w140×d80mm  檜   50,000円(税別) ●売約済み













>>>作品を予約する  完売しました。

※価格は2020年10月現在。





































柳川貴司  Takashi Yanagawa

1957年 埼玉県に生まれる
1980年 東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業

【個展】
1999 村松画廊/東京都(‘03‘06)
2002 足袋蔵ギャラリー「門」/埼玉県(‘06)
2008 ギャルリー志門/東京都(‘10‘12‘14‘17)
     GAS[GUILD-UNIT ART SPACE]/東京都
2020 ギャルリー志門/東京都

【主なグループ展】
1988 現代木刻フェスティバル:関市文化会館/岐阜県
1989 1989現代九州彫刻展:石橋美術館/福岡県
1992 第五回現代日本具象彫刻展:千葉県立美術館/千葉県    
1994 第六回現代日本具象彫刻展:千葉県立美術館/千葉県
1995 「現代日本の美」展:王立デザインスコーレグラスホール/デンマーク
   小田原アートフォーラム‘96:旧小田原市立城内小学校/神奈川県
1997 横浜・湘南周辺の彫刻家展:ギャラリーヨコハマ/神奈川県
   ふれる彫刻100展:神奈川県立生命の星・地球博物館/神奈川県
1999 宮崎国際現代彫刻・空港展(‘02‘11):宮崎空港ビル1Fオアシス広場/宮崎
2002 韓・日現代彫刻交流展:ギャラリー毛利/東京都
2004 韓日作家 招待 彫刻展 INTER SPACE:大邱北區文化藝術会館/韓国
2006 東京国際芸術博覧会:東京ビックサイト/東京都
2008 WORKS 一 9人の仕事 一 (‘17):平塚市美術館アトリエA/神奈川県
2010 変貌する作家たち展:ギャルリー志門/東京都
    日韓交流アート・コスモス展:韓国大使館文化院/東京 :釜山市海雲台 文化会館/韓国
    長者町アートフェスティバル:ギャラリーSHIMIZU/神奈川県
    「街の灯」展:仙台アーティストランプレイス/宮城県
2015 第4回おおたビエンナーレ(‘17):太田市学習文化センター/群馬県
   「見つめる」:神奈川県民ホールギャラリー/神奈川県
    小田原ビエンナーレ:ギャラリー新九郎/神奈川県
2017 美術市場:新斎ホール/岩手県
   「SHELVESⅡ」オリエ・小オブジェ:オリエアート・ギャラリー/東京都
2018 五月の風展:ギャラリーアーチストスペース/東京都
     抽象芸術へのいざない:那賀川町馬頭広重美術館/栃木県
2019  交差するエナジ=展:ギャルリー志門/東京都

<archive>磯崎式子展

2020

2020年10月12日(月)-10月17日(土)

360° パノラマ会場風景









ギャラリートーク













会場風景 ―形—

(左から)「行き交う形」2019年 P120 号 鉛筆、アルシュ紙   ¥ 1,000,000(税別)

(中)「響きあうもの」2019年  115x114cm 鉛筆、アルシュ紙   ¥ 800,000(税別)

(右)「遊離する形」2016年 155x114cm 鉛筆、アルシュ紙    ¥ 800,000(税別)









会場風景 -銀色の序章—

(左から)「銀色の序章 Ⅰ」2015年  P120 号 鉛筆 アルシュ紙   ¥ 1,000,000(税別)

「銀色の序章 Ⅳ」2017年 P120 号  鉛筆 アルシュ紙  ¥ 1,000,000(税別)

「銀色の序章 Ⅴ」2018年  P120 号 鉛筆 アルシュ紙  ¥ 1,000,000(税別)

「銀色の序章 Ⅵ」2019年 P120 号 鉛筆 アルシュ紙   ¥ 1,000,000(税別)





小品

(右)モチーフとなるオブジェ(磯崎式子作)









(左から)「回転する花」2020年 B4  鉛筆、金箔、アルシュ紙    ¥ 42,000(税別)

「宙の形」 2020年 B4  鉛筆、金箔、アルシュ紙   ¥ 42,000(税別)

「エンジェルトランペット」 2020年 B4  鉛筆、金箔、アルシュ紙    ¥ 42,000(税別)

「KATACHI Ⅲ」 2020年  B4  鉛筆、金箔、アルシュ紙    ¥ 42,000(税別)

「KATACHI Ⅴ」 2020年 B4   鉛筆、金箔、アルシュ紙   ¥ 42,000(税別)













>>>作品を予約する

※価格は2020年10月現在。













磯崎 式子 Shikiko Isozaki  略歴
富山県生まれ
女子美術大学 芸術学部芸術学科造形学専攻 卒業

【個展】
2020 ギャルリ―志門(東京/銀座)

【グループ展】
2011 美術の祭典東京展(東京都美術館)(~‘17)
2014 環太平洋展(黒竜江省美術館/中国ほか)(~‘16)
2015 マリンバと絵画のコラボレーション(東京文化会館ほか)(~2016) 
2015 一陽展(国立新美術館/東京)、一陽会東京展(東京都美術館) ~以降毎年
2018 第7回「ドローイングとは何か」入賞・入選作品展(ギャルリ―志門/銀座)
2019 磯崎式子・清野和正二人展(第7回「ドローイングとは何か」展準大賞受賞記念)(ギャルリ―志門/東京・銀座)
その他 多数

【賞歴】
2012 第38回 美術の祭典東京展 優秀賞
2015 第14回 環太平洋展 カナダ国際文化交流協会賞
     第19回 一陽会東京展 東京一陽賞
     第61回 一陽展 特待賞
2017 第63回一陽展 一陽賞
2018 第7回「ドローイングとは何か」展準大賞受賞

<archive>吉永美帆子展

2020

-タイルの美学、絵の幾何学-

2020年10月5日(月)-10月10日(土)













360°パノラマ会場風景はこちらから。

http://art-museum.main.jp/jam_live2020/shimon73/panorama/





































会場風景
















上(左から)「ウーシア ousia」No.1  No.2  No.3  No.4 各¥80,000(税別)

下(左から)「ウーシア ousia」No.5   No.6   No.7  No.8  各¥80,000(税別)

































>>>作品を購入する

※価格は2020年10月現在。

















吉永美帆子 (Yoshinaga Mihoko)
1979年、東京都出身。武蔵野美術大学油絵学科卒業。
タイル作家、タイル職人、絵付け師。
空間の意匠や装飾性によって生まれる新しい景色を探求するためタイルの絵付けを始める。しかし半製品のタイルを制作するだけでは飽き足らず、自ら空間におさめたいと考え、Euclidでタイル絵付けを担当しつつ、施工を見習い中。新しい景色をつくることで、空間全面に貼られた1ピースのタイルのように、豊かな暮らしの1ピースを埋めていきたい。 ___Certificate:2級タイル張り技能士


ページの先頭へ